“ボタニカル”というキーワード、ファッションやインテリアなどさまざまな
シーンで見聞きしますが、改めて「ボタニカルって何?」という人も少なく
ないのでは。

直訳でボタニカルとは、「植物の」という意味。
「自然素材」「天然素材」「植物由来」などと言っていたものを、インテリアや
テキスタイルだけでなく、近年ではコスメや加工食品でもボタニカルという表現
を使うことが増えているようです。

インテリアにおける「ボタニカル」とは

内装においてはこれまでボタニカル柄のテキスタイルを使った壁紙やカーテン
などが主流でした。
ですがここ最近、このように実際の観葉植物を使った飲食店や美容室、公共施設
の内観パース制作依頼がぐっと増えてきています。

今回ご依頼の店舗は、既存の折り上げ天井にメッシュフェンスを取り付け、
植物をツタのように絡ませています。
照明器具に干渉しないので、取付だけで簡単にボタニカル風のインテリアが
出来ることに利点があります。

天井のグリーンについては飲食店の天井なのでフェイクですが、パースでは
まるで本物のように見えます。

また、最近は葉の量が少ない、枝の目立つシンプルな植物を透明なガラス瓶に
入れ、洗面所やキッチンに置くのが流行しているようです。

生活のふとしたシーンに一つ植物を置くことで、目に優しい葉の色合いや質感
などが心を和ませてくれ、インテリアのアクセントとしても生きてきます。

こうした植物をインテリアに取り入れることで、空間にうるおいをプラスする
のはいかがでしょうか?

グリーンの表現は、魅力的なパースを描く上で欠かせないもの。
以前ご紹介したガーデニング同様、弊社では様々なシーンに合わせたリアルな
植物のパースを製作いたします。
是非ご相談の程お待ちしております。

yanagisawa

【パース制作金額】
店舗内観 1カット ¥50,000-(税抜)
※初回30%OFFキャンペーン実施中! → ¥35,000円-(税別)
制作日数 1カット 約5営業日